専門学校に通うことで分かるマンガ家のノウハウ

趣味だったものを仕事にしたい

子供の頃に遊びで描いていたマンガを仕事にすることが出来れば、これほど嬉しいことはないです。しかし、それを行うには学ばなくてはいけないことがたくさんあります。1人で独学で学ぶこともいいですが、専門学校で多くの仲間と切磋琢磨することも良い経験になります。

編集部への持ち込みvsマンガ原稿の投稿

編集者から直接アドバイスを貰える持ち込み

出版社へ直接の持ち込みになると緊張してしまいます。しかし、この持ち込みで得られるのは、編集者からの生の声というのは大変な財産となります。多くのマンガ家の原稿を見る編集者のアドバイスやダメ出しを聞けるのは大きな勉強になります。

地方にいてもチャンスを掴めるマンガ原稿の投稿

地方にいるから持ち込みが出来なくても、マンガ原稿を登校することで編集者の目に入ることができます。最近では月1回のマンガ賞を開催しているマンガ雑誌もあるため、チャンスは大きいです。

専門学校に通うことで分かるマンガ家のノウハウ

漫画

現役の講師が教えてくれる授業

専門学校の授業の強みは、現役で活動しているマンガ家を講師として呼ぶことが出来ることです。現役の先生に教えてもらうことで、コマ割りの組み方や見どころの出し方などを学ぶことが出来ます。

学校に人気雑誌の編集者が訪れる

学校によっては頻度が異なりますが、年に1度か2度、出版社の編集者が学校に訪れます。そして、その手で自分が描いたマンガを評価してくれます。どこを伸ばすことで面白くなり、どこを直すことでクオリティが上がるなどを教えてくれます。また、見込みがあると分かる生徒にはその場で「担当」がつくことがあります。

アシスタントから進むのも1つの手

マンガ専攻の専門学校を卒業しても、すぐにマンガ家デビューが出来るのは一握りとなります。多くの人が担当編集にアドバイスを貰いながら、試行錯誤します。その中には、有名マンガ家のアシスタントとしてスタートする手もあります。アシスタントとして、マンガ家の技術を間近で学ぶことでデビューの土台にするのもいいでしょう。

広告募集中